BIG DIPPER L7【和訳】part4

他の国々は同じような問題を抱えていましたが、最近では劇的に変化してきています。

はじめに、ニューヨークは自転車のために1500㎞の長さの道を作りました。

当然、自転車と人との間に事故がより少ししか起きません。

2つめに、ロンドンは今、60000台の自転車を止めることができる無料の駐輪場があります。

それらは他の人々に迷惑をかけずに自転車に乗る人を駐輪させることができます。

3つめに、パリには旅行者と地域の市民によって使うことができる自転車が20000台あります。

あなたは30分無料で自転車を借りることができます。

あなたは異なった場所でそれを返すこともできます。

これらの例をから学んではいかがでしょうか。

もし日本の「自転車のよさを見直そう」という運動が成功すれば、私たちの旧友も私たちの

新しい友人になることもできるでしょう。

BIG DIPPER L7【和訳】part3

日本の「自転車のよさを見直そう」という運動を促進するため、私たちはいくつかの問題を解決しなければなりません。

最初に、自転車と人との事故はさらによく起こるようになっています。

あなたはしばしば誰かが歩道で自転車をこいでいるのを見ます。

しかしながら、日本ではこれは一般的に禁じられています。

2つ目に、自転車のための十分な駐輪場所がありません。

結果的に、たくさんの自転車に乗る人たちは駅や店に彼らの自転車を停めます。

それらは目の見えない人々のための点字ブロックを覆ってしまいます。

最後に、旅行で自分自身の自転車を使うことは難しいです。

列車や飛行機であなたの自転車に乗ることは簡単ではありません。

BIG DIPPER L7【和訳】part2

日本では、自転車は注目を集めていて、自転車に乗る人の数は増えています。

多くの労働者たちは混雑した列車やバスを避けるために仕事に行くために自転車に乗り始めています。

列車やバスの中では、彼らは自由に動くことができません。

彼らは新聞や雑誌を開くことができません。

自転車なら、彼らは顔に当たる風を感じながら、行程を楽しむことができます。

彼らは1日の仕事のはじまりにリラックスします。

いくつかの会社は彼らの社員に自転車で来るよう推奨し始めています。

これらの会社の1つは新たなルールを設けています。

自転車で来る労働者は公共交通機関の通勤手当をまだ手に入れることができるということです。

BIG DIPPER L7【和訳】part1

あなたたちの多くは学校や町を巡るために自転車を使うかもしれません。

しかしながら、エンジンを持たない自転車はとても早く走ることができません。

それらは多くの荷物を運ぶこともできません。

これらの理由から、あなたは車やバス、列車がより良いと思うかもしれません。

最近では、しかしながら、たくさんの人々が自転車の価値を考え直しています。

あなたはガソリンにお金を払う必要がありません。

あなたは切符を買う必要がありません。

2つ目に、ペダルが良い運動になるのでそれらはあなたの調子をキープすることができます。

もしあなたが毎日乗るのであれば、あなたはさらに健康的で強くなるでしょう。

3つ目に、それらは何も汚染を引き起こしません。

自転車に乗ることで、あなたはあなたの町の空気をきれいに保つことに手助けすることができます。

BIG DIPPER L4 和訳part3

携帯電話は20年前誰も想像できなかったたくさんの特徴を持っています。

あなたやあなたの友人はメッセージや一緒に撮った写真を交換することができます。

あなたは知らない人とオンラインゲームをすることさえもできます。

あなたがメッセージを送るとき、あなたはすばやい返信をすることができます。

あなたは友人と常につながっていると感じます。

しかしながら、携帯電話はあなたの人生についてすべて向上させていますか。

あなたはいつも友人からのメッセージをチェックしたり、すばやく返信をしたりしなければなりません。

あなたは携帯に時間を費やし過ぎているかもしれません。

あなたはオフラインの活動に十分な時間がないかもしれません。

たしかに、携帯電話は便利ですが、結局、それらはコミュニケーションの1つの手段でしかないのです。

BIG DIPPER L4 和訳 part2

1950年代に、船員のための電話が日本で現れました。

それらを使うと、陸から50キロメートル以内にいたら、船員は彼らの船から電話をすることができました。

車の電話も1979年に表れました。

それらは会社の外でしばしば働く会社員の間で人気でした。

人々はそれらを車の中で使うことができました。

後発のモデルは電池がついており、人々はそれらを外でも使うことができました。

しかしながら、それらは重くて高価でした。

1か月に百万円以上を支払う人もいました。

それから、それらの電池の寿命はさらに長くなり、それらの大きさはより小さくなりました。

改良は決して止まりません。

BIG DIPPER L4 和訳 part1

携帯電話は生活の一部になっています。

あなたは簡単に、いつでも、どこでも人々と連絡を取ることができます。

たぶんあなたは携帯電話なしの生活は想像できないでしょう。

しかしながら、これらの小さくて、持ち運べる電話は最近現れました。

電話は1870年代にアメリカで発明されました。

それは次第に世界にひろまり、1970年代までには日本の大半の過程に1台の電話がありました。

それはコードで壁につながれているので、あなたはそれを動かすことができません。

友人が電話をしたとき、あなたは家族の前で話をしなければなりませんでした。

あなたのまわりのみんなはあなたの会話を聴くことができたのです。

たくさんの若い人々はこっそりと電話で話すことに夢を見ていたのです。