BIG DIPPER L2【和訳】part3

中国はどのように野生のパンダを守っていたの?

 

1981年、中国パンダ保護研究センターは四川省でオープンしました。

その目的は、野生のパンダの数を増やすことです。

最初に、そのセンターはパンダを野生から持って来ます。

これらのパンダはつがいを見つけ、赤ちゃんを産みます。

その赤ちゃんが6か月になるとき、彼らは「パンダ幼稚園」に入園します。

彼らは野生の中で、食べ物の見つけ方、生活の仕方を学びます。

彼らの飼育員は彼らの世話をするとき、「パンダスーツ」を着ます。

パンダは人々に頼ってはいけないのです。

そのパンダがより大きくなるとき、飼育員は彼らを放すために山に連れて行きます。

彼らの努力によって、今では野生に1600頭のパンダがいます。