BIG DIPPER L4 和訳 part2

1950年代に、船員のための電話が日本で現れました。

それらを使うと、陸から50キロメートル以内にいたら、船員は彼らの船から電話をすることができました。

車の電話も1979年に表れました。

それらは会社の外でしばしば働く会社員の間で人気でした。

人々はそれらを車の中で使うことができました。

後発のモデルは電池がついており、人々はそれらを外でも使うことができました。

しかしながら、それらは重くて高価でした。

1か月に百万円以上を支払う人もいました。

それから、それらの電池の寿命はさらに長くなり、それらの大きさはより小さくなりました。

改良は決して止まりません。